FX自動売買(EA)で4,000万稼いで自由になった元エンジニア「セイイチ」のブログ

時間がなくて結果が残せない方のために、おすすめのFX・ビットコイン・仮想通貨・ゴールドなど様々な自動取引アプリ(EA)を自作・開発してます

【FX自動売買(EA)の基礎知識】EAで稼ぐためのマインドセット|これがわかれば破綻しない

今回の特集記事は、EAで稼ぐためのマインドセット、思考のお話しをします。

初心者が陥る破綻のパターン例

EAを運用するにあたり、多くの初心者が陥りやすいパターンの1例をまず載せます。

  1. SNSでたくさん利益が出ている画像をみて試しに運用開始
  2. 最初は利益がでて、すごい!勝てるぞ!と実感する
  3. 突然大きな含み損に直面する
  4. どうしていいかわからず損切をしない
  5. 含み損ばかりが膨らみ、利益で取り返せなくなり優位性が破綻

ざっくりですが、このような感じで破綻していくことになります。

破綻したあとにまた破綻を繰り返すわけ

初心者の多くの人が、なにもわからずにEAを使い破綻してしまうことになるのですが、何もわからないがために、破綻した後にやることは

  • 負けを取り返そうとして適当にトレードする→結果また破綻
  • 新しいEAを探して使う→結果、また破綻
  • EAなんかだめだ!と思い込み裁量を勉強したはずが→それでも破綻

というような、負のループに陥ることが多い。

EAにしろ裁量にしろ、勝つためには、まず破綻しないこと、損を小さくすることなのに、勝つことばかりや目先の利益を先行してしまうためギャンブルのようになってしまうからです。

破綻しないために知るべきこと

破綻せず、生き残れば次のトレードに備えることができます。

このブログは、EAで勝つところに焦点をおいているので、EAで破綻せずに生き残り、利益を上げていくにはどうしたらいいのかというところを具体的に紐解いていきます。

EAで破綻しないために知るべきことがあります。

EAのロジック(仕組み)を知る

EAがどういうロジックで稼働しているのかを知るということが大事です。具体的には

  • 自動的に損を切ったり、利益を確定してくれるのか
  • いつの時間帯にポジションをもつのか
  • 自分の資金に対して最大どのくらいの損を抱えそうか

こういったことは、開発者自身に聞けば教えてくれたり、EAの紹介にも掲載されているので絶対に読むべきです。

とくに、3つ目の「自分の資金に対して最大どのくらいの損を抱えそうか」というところを知らないまま運用するから、破綻してしまいます。

自分の資金に対しての最大の含み損を想定算出する

じゃぁ、どうやってその損を知ることができるのかというところですが

  • 開発者自身に聞く
  • バックテストをする
  • リアルフォワードから見る

この中で、1つ目の開発者に聞くというところは、自分でEAを開発し提供している開発者なら明確に答えることができますが、二次配布や、悪い業者さんは適当に答えて嘘つくかもしれないというところがあります。

2番目のバックテストについては、過去の最大のドローダウンを具体的に数値で知ることができるので、活用すべきところではありますが、やり方を間違えると数値が不明瞭なほか、精度の高いバックテストをしないといけないため、少しハードルがあります。

3番目のリアルフォワードからみるというところは、実際の稼働履歴からこれまでどのくらいの利益が出て、どのくらいの損を抱えたかが一目で見て取れます。

そのため、私の開発している自動売買もすべてリアルフォワードを公開し、データとして資金に対する含み損が誰でも見えるようになっています。

下の画像の「Drawdown」という項目が、いままで資金に対して何%損をしたかの数値です。

例えば、Drawdoun(ドローダウン)の数値が20%と仮定した場合、当初の資金が10万円だったとすれば、最大8万円まで目減り、2万円分損をしたということになります。

ちなみにGainというのが資金に対する利益率で、50%だとすれば資金の50%分の利益が出ている(10万円で始めたら15万になっている)ということ、Monthlyが月利です。

widget

まとめ

ここで一番重要なのは、EAの想定ドローダウンはどれくらいか知ってから運用しましょうということになります。

これを知るだけで、自分の資産をすり減らすリスクが大きく減ります。想定ドローダウンはリアルフォワードが公開されていなければ、バックテストからも算出できます。

自分の資産は自分で守るところから。そうすれば稼ぐことはいくらでもできます。